Luminoso Compassは、

サポートチケット、コールセンターログ、チャットボットやSNSデータなど、
大量のストリーミングデータを対策に必要なトピックに分類します。
得られた洞察による予測、対策の実行によりビジネスプロセスの自動化にも貢献します。

Luminoso Compassの ショートデモ

通話やチャットボットのやり取りなど、
ストリーミングテキストデータの処理、
分類、タグ付けに、Luminoso Compassが
どのように役立つのかご覧ください。

大容量

1日、1時間、1分、あるいは1秒に
企業がどれだけ多くのメッセージを
受け取っても、Luminoso Compassは
リアルタイムで処理します。

リアルタイム

データ理解のために待つ必要はありません。
Luminoso Compassはどれだけの量の
テキストデータでも、データセンターに
達すれば即座にリアルタイムで処理します。

有用なラベル作成

Luminoso Compassは既存の分類ラベルを
改良するとともに、有用で効果的なラベルを
ゼロから作成します。

柔軟な分類

管理/半管理/非管理対象の分類を活用し、
エージェントルーティング(適切な
担当者への振り分け)やボットサポート
などのワークフローにデータを提供します。

根本原因を発見

機械が人間に見えない関連性を見つける
場合もあります。Luminoso Compassは、
ストリーミングデータの中の類似性を発見・
グループ化により根本原因を解明します。

グローバル対応

Luminoso Compassは、
日本語、英語、中国語、韓国語、など
14言語のデータをそのまま処理し分類します。

プロセス

分類ラベルを作成または最適化

Compassはニーズに応じてラベルを最初から作成
または既存のラベルを改善

任意のストリーミングデータソースに連携

Compassはコールセンターの会話、
チャットボットとのやり取り、
アンケート調査への回答など、
様々なタイプのストリーミング
テキストデータをリアルタイムで処理

リアルタイムでストリーミングデータを分類

Compassはテキストデータを受信後、自動的に
リアルタイムで処理、分類、ラベル付けを実行
ラベルはルーティング、優先度付けなどに使用

チェーン分類子がビジネスプロセスを自動化

複数のCompass分類子の連携により、
エージェントルーティングからボットサポートまで
エンドツーエンドのプロセスの構築と自動化が可能